趣味ろぐ。旬はRC(笑 
プロフィール

M

Author:M
~ 松永真は有名デザイナー ~

Twitter.com
    follow me on Twitter
    Recommende♪(AMZ)
    ↓ランダム表示↓
    ↑何のキーワード拾ってるん?
    Recommende♪(GGL)
    ↓ランダム表示↓
    ↑何のキーワード拾ってるん?
    検索(サイト内)
    検索(Web)
    メールフォーム
    直でドーゾ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    --/--/-- --:--    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    通称500円タイヤ。 近年のタミヤGPにて、コントロールタイヤとして頻繁に使用されてます。 先日のタミヤGTクラスもこのタイヤ指定でした。 安いのは良いんですが、グリップレベルは低いです。 って言っても、値段以上のグリップは期待できるお得なタイヤです。 タミヤGPでは、グリップ剤は当然不可。 一番おいしいグリップを発揮するのは、1パック目のみ。 当然、パーティングライン消し、サンダーは必須。 2パック目以降もサンダー掛ければ、それなりにはグリップしますが、やはり1パック目には敵いません。 今回は、 ・予選1=一番中古のペラペラ ・予選2=1回レースで使ったのみ ・予選3=上記のサンダー当て ・決勝=新品 というタイヤ使用。 まぁ、このタイヤの基本的な使い方は判ってるつもりでした。 けど、欲がでました。 いつも思うんですが、サンダー掛けた直後のタイヤは、もうフルグリップして下さいと言わんばかりにネチョネチョ。 タイヤ温度は手で触れないぐらい熱くなってます。 お?もしかして、現場でガンガン暖めればグリップ番長か?? そう思った私は、迷うことなくウォーマー温度75度設定(笑) しかも30分ぐらい掛けてましたよ。 とろけるように熱せられたタイヤは、ブッチギリのメイン優勝を感じさせてくれる物でした。 決勝Cメイン、5番グリッドよりスタート。 混乱の中、確実に車を交わし、2位浮上♪ こりゃイケる! 1位の車は目前。 とその時… 「ズルッ!」 え?リアが流れる・・・ 何とかコントロールするも、突如一人ドリフト大会(笑) フルグリップ、2周しか持ちませんでした(笑) 後は、何とかグリップが復活するの期待しながら、ドリフト・ガマン走りを続けましたが、 結局グリップは復活することはありませんでした・・・ 決勝Cメインの方々、邪魔してスイマセン・・・ それでも、タコ踊りしながら1コ順位上げて、4位ゴール。 なんだかなぁ~ で、ピットへ戻って、ボディを外してみると・・・
    なんじゃこりゃ? タイヤからイッパイ毛が生えてますよ!!(笑) どうもネチャネチャタイヤがコースの掃除してたようです・・・ 家で使うカーペットコロコロのように・・・ しかし甘かった・・・ キレイな路面でしかウォーマーガンガン作戦は使えないようです。 カーペット路面恐るべし・・・ ↓(おまけ)アクセス向上特典画像↓
    ブレてますな。コレは結構遠かったのよ・・・
    secret     
    TrackBackURL
    →http://mmresearchinstitu.blog59.fc2.com/tb.php/150-ea4b89b7
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。