趣味ろぐ。旬はRC(笑 
プロフィール

M

Author:M
~ 松永真は有名デザイナー ~

Twitter.com
    follow me on Twitter
    Recommende♪(AMZ)
    ↓ランダム表示↓
    ↑何のキーワード拾ってるん?
    Recommende♪(GGL)
    ↓ランダム表示↓
    ↑何のキーワード拾ってるん?
    検索(サイト内)
    検索(Web)
    メールフォーム
    直でドーゾ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    --/--/-- --:--    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2007/08/02 18:22    TTその後…
    実は全然進んでません。(´Д`υ) 一応、前回から微速前進してるので、製作記をば。 デフがスルスル過ぎるんで、トラクション抜けしそう… もう一回ギアBOX開いて、ギアデフに怪しいグリスを大量封入。 少しは固くなったかな? 100均で練り消し買っとけば良かった… まぁ、今度バラした時にでも。 気になるのが、ギアBOXの合わせ面、どーしても底面側が開いてしまいます。
    理由は赤で囲ったネジの、上部2点止めだから。 一応、バンパーパーツの青い部分で、開きを押えてるようですが、クリアランスあり過ぎ。 しゃーないんで、アルミテープ多重貼りでクリアランスを詰めて、 ギアBOX底面だけ合わせ面をアルミテープでシールしました。 その後、パンパーパーツを取り付けて出来上がり。
    こーんな感じ。 前回の、車高UP用にバンパー部品のサスアームが当たる部分を切除した所が判るでしょうか? シャーシの基本的な部分は一応納得行ったんで(笑)次にメカ積み。 まずはサーボ。 大昔のサンワのエントリー向けサーボ(Zコネクターになる前のヤツ)を発見。 2500円サーボで、すぐ壊れるのもヤダしね。 こいつの防水方法をしばし考える… 袋に入れたら、出力軸が取れないし… で、結局グリス攻撃(笑 サーボを割って、ケース合わせ面にグリスを塗布。出力軸は内側よりセラミックグリスをテンコ盛り。 配線引き出しは、ホットボンドで固めてみました。 まぁ、水中走る訳じゃないし、十分でしょ。
    で、サーボ固定はCRPユニットを載せる場合に使う部品を使ってみました。
    コレが、100均タッパーとベストフィット(笑 次にESCと受信機。 ESCは入門ESCのサンワBLなんちゃらとか言うバック付のヤツ。 受信機はこれまた骨董品のサンワのAM27MHz。結構大きいッス。 で、ESCだけZコネクターで、変換とか買いたくなかったんで、コネクターの+と-ピンを外して入れ替え。 これで、旧受信機にもそのまま行けます。 さて、この2個の防水用に、さっきの100均タッパーを使います。 そのまま放り込んで、線だけ出せば良いんですが、やっぱりESCが発熱しますよねー。 で、タッパーのサイドに角穴を空けて、ヒートシンク部だけ露出させます。
    とりあえず、今の所ココまで。 隙間埋めは、放熱も考えてアルミテープで行うつもりです。 あと、ランチャと言えば、マルティニカラーなんですが、実はあんまり好きくない(笑 で、剥がしました…
    うひょー。たまに街で見かけるデルタっぽくなりましたねー。ステキ( ´з`)~・ 更に小技効かせて、リップがバンパーより下がらないようにしました。
    フロントから着地したら、引っ掛かりそうだし… この後、PP板でスキッドプレートも作る予定ッス。 うはは。夏休みの工作チックになってまいりました~ (;´∀`)アハハハハ あーたのし。 珍しく、画像を多用してみました♪
    secret     
    TrackBackURL
    →http://mmresearchinstitu.blog59.fc2.com/tb.php/328-b3693b18
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。